Q-1
歯周病はブラッシングで治るのでしょうか?
                                        
Answer

歯周病治療でブラッシングは、重要な治療法です。
しかし、病気を治療するためのブラッシングと健康な人が予防的に行なうブラッシングでは、方法も補助的器具の使い方も違います。
専門である歯科医師や歯科衛生士に相談した方が良いでしょう。



                                 



Q-2
歯周病で手術をする事があるのですか?
Answer

歯周病治療で除石、かみ合わせの調整、ブラッシングなど初期治療を終えて、尚、治療効果が現れない部位に関し歯肉を少し開き、ブラッシングしやすい状況にするために小手術を行なう事があります。



Q-3
組織再生療法は、全ての歯に出来るのでしょうか?
Answer

組織再生療法の使用する材料によって適応症があります。
また全ての歯に行なう必要もありません。
歯周病処置が終わった後の補綴処置やメインテナンスにおいて重要になる歯があります。
その歯を更に良い状況にする事によって維持、安定させるものです。




Q-4
インプラントは体に無害なのでしょうか?

Answer

インプラントは、純チタン製のものです。
純チタンは人体組織に対する親和性が高く、金属アレルギーもこれまでに報告されていません。                 
よってあらゆる分野で使用され安全に人体にも応用する事が可能であると認められております。





Q-5
インプラント手術は、痛みが強いのでしょうか?
Answer

インプラント手術は、顎骨に埋入する手術です。
通常は局所麻酔下で行なわれます。
痛みは局所麻酔と内服の痛み止めでコントロールすることが出来ます。さらに静脈内鎮静法など術中点滴により鎮痛剤を投与し痛みのコントロールをする事も出来ます。




Q-6
インプラント治療に必要な期間や通院回数を教えて下さい。
Answer

治療に必要な期間を正確に予測する事はなかなか難しい事です。
インプラント治療が他の歯科治療と大きく異なる事は、顎骨に埋入した後に骨と結合するまでの期間が必要であるということです。
その期間は下顎で三ヶ月以上、上顎で六ヶ月以上とされております。
また上部構造を作製する期間が二、三ヶ月必要になります。
埋入し骨との結合の期間を待たずに、上部構造を作製する方法もありますが症例によりま
す。




Q-7
インプラントは歯周病にならないのでしょうか?
Answer

インプラントも普通の歯と同じように歯周病になります。
一般にインプラント周囲炎と呼ばれています。予防法はきめ細かな日々の手入れにつきるといってよいでしょう。
人工物であるインプラント自身に自己修復機能を持ち合わせていませんし、神経も無いために或程度悪くなってからしか気がつかないことがよくあります。
そこで大事なのが定期検診です、せっかく長い期間と費用をかけて治したのですから、なるべく長い間快適に使用するためにも六ヶ月から一年おきに検診を必ず受けるようにしてください。




Q-8
インプラント治療にはなぜ高額な治療費がかかるのでしょうか?
Answer

いくつかの理由があります。
インプラント治療には外科手術が必要であるため、準備、実施、アフターケアなどで通常の歯科治療よりもはるかに多くの時間と多くの治療スタッフがかかわらざるを得ない事があります。
インプラント治療専用の特殊な器材や材料、環境が通常の歯科診療にくらべて高いコストであることも一因です。
治療完了までの期間や通院回数、一回あたりの治療時間も長くとる必要があることも理由のひとつです。
また、インプラント治療以外の自費治療との比較においても、総額でインプラント治療の方が高額となりがちですが、治療に必要なハードウェアとソフトウェアの規模を考慮すれば特に高額であるとはいえないのです。